うつ病 診断

うつ病体験ブログ-発症~克服まで

女27歳でうつ病と診断。休職・復職を繰り返し最終的には退職。病院のセカンドオピニオンからうつ病を完全に克服するまでを語ります。

うつ病と診断されたらまずどうしたらいいか?

突然「貴方はうつ病です」と診断されて、おそらく貴方は戸惑っている事と思います。

「でも、医者がそう言ってるんだし…」
「うつ病は現代病で、誰でもかかるって聞いた事あるし…」

必死で自分がうつ病である事を受けとめようとしているか、或いは、何とかして納得しようと努力しているかもしれません。

でも、こう考えてみたらどうでしょうか?

「本当に私はうつ病なの?」

まず最初にするべきこと…
それは「本当なのかどうか疑うこと」です。

何でも疑問を持つ事は素晴らしい事です。
疑問から、行動が生まれます。

お医者様でも診断ミスをすることがある

お医者さんも人間です。
特に、うつ病の定義には酷く曖昧な部分があり、信じられない事に、現代の日本では中には不勉強のまま、手探り状態で診断してしまっている医者も、実は少なくありません。

うつ病と診断されたら、まず、疑ってみる事です。

それに、一口にうつ病といっても、様々なタイプのうつ病があります。
故に、治療法は一つではありません。
初見で「あなたはうつ病ですよ~」と診断した医者でさえ、貴方のうつ病の詳細を全て把握していない場合が往々にしてあるのです。

事実、私がそうでした。
うつ病と診断され、セカンドオピニオンを求める事も無く、処方される薬を飲み続けた結果、症状はどんどん悪化し、比例して薬の量もどんどん増えて行き…レキソタンという安定剤を多量に処方されて飲み続けた結果、薬物中毒にまでなってしまったのです。

うつ病と診断された上に、薬物中毒…まさかと思いました。

「レキソタンは軽い安定剤で、みんなよく飲んでいます。不安だったり、落ち着かなかったりした時は、いつでも飲んでいいんですよ」

そう言っていたお医者様の言葉は、嘘だったのです。
嘘だったと、医者自身が気づいていなかったのだから、タチが悪いです。

レキソタンには依存性があり、医者はレキソタンと言う安定剤を多量に投与しておきながら、後に言うのです。

「そんなに沢山飲んだら、気を失って病院に運ばれますよ。嫌でしょ?そういうの?」

・・・えっ?
そんなに沢山飲んだら…って、貴方が処方したんでしょう?

「先生、不安で落ち着かないんです」
「レキソタンを増やしましょう」
「先生、夜眠れないんです」
「レキソタンを寝る前に出しておきます」
「先生、イライラするんです」
「レキソタンを飲んで下さい」

「薬は出しますけど、自己責任で飲んでくださいね」
って意味ですか?

昨年言っていたことと、今年言ってる事が違う医者。
でも、その時には既に私はレキソタン中毒。

医者は、製薬会社から様々なマージンをもらっている場合があります。
特に、個人病院等はそうです。

うつ病の上にレキソタン中毒…もし、あの時の私に戻れたなら、私自身の頬をぶん殴ってでも、薬を飲むのを止めさせていたと思います。

処方したのは医者であっても、中毒になった責任をとるのは私自身なのです。

うつ病と診断されたら

なので、うつ病としんだんされたら、まず、疑ってみることです。

 本当に、自分はうつ病なのかどうか。 中にはうつ病であっても、薬を飲まなくても治るくらいの軽い症状の人がいます。

一方で、入院が必要なくらい重症な人もいます。 まずは、自分の病気を知る事です。

そしてその症状が今どの程度進行しているか、どの程度重症なのかを知る事です。 病気中の貴方には辛く、しんどい作業かもしれませんが、焦らず、ゆっくり、自分の病気を知りましょう。

ご家族の協力や、ご家族の病院への同伴があるなら尚良いです。 思考回路が正常に働いていない可能性もあるので、客観的に家族に見てもらう事も必要だからです。

セカンドオピニオンの重要性

上記の事から、貴方は必ず一か所の個人クリニックだけを受診するのではなく、最低でも二か所の病院を受診してみましょう。

抵抗があるかもしれませんが、心療内科ではなく、きちんとした精神科のある病院を一か所チョイスする事をおススメします。

 何故なら、心療内科と精神科では、医者の診断結果が大きく異なる場合が多いからです。 ふと、不安になるかもしれません。

「精神科って…」 「会社や友達に知られたら?」 「私はそんなに悪くないはず…」 でも、この時点で、貴方が言いたくないのであれば、誰にも「精神科に通院しました」なんてバカ正直に伝えなくていいんです。

あくまでセカンドオピニオンのつもりで「そこまで言うなら念の為に」くらいの気持ちで受診して下さい。
面倒だと思うかもしれません。
 しんどいし、辛いし、現実から逃げたいかもしれません。

でも、うつ病は最初が肝心なのです。 この後、何年も何年も迷路を彷徨わなくてもいいように、必ず精神科を受診しましょう。

うつ病の体験談