うつ病 チェック

うつ病体験ブログ-発症~克服まで

女27歳でうつ病と診断。休職・復職を繰り返し最終的には退職。病院のセカンドオピニオンからうつ病を完全に克服するまでを語ります。

うつ病のサインを見逃すな

うつ病は「心の風邪」等と言われますが、私はこの言い方はあまり良くないと思っています。

何故なら、一部の人に「心の風邪ならばほっておいても治るだろう」とか「このくらいどうってことない。ただ単に気持ちが落ち込んでいるだけ」と、誤解を与えてしまう危険性があるからです。

うつ病も立派な病気。
早期発見、早期治療が、長引かせないこつなのです。

何よりも「自分と家族がうつ病で苦しまない為に」、うつ病を侮ってはいけません。

うつ病のサインには色々ある

・気持ちが落ち込む
・急に食欲が亡くなった
・夜眠れない
・不安である
・イライラする
・死にたい

上記に挙げたような一般的なうつ病のサインだけ見てもいろいろありますが、うつ病のサインにはもっと別のものもあります。

・やたらとハイテンションで元気
・食欲が急に増進して体重が増えた
・必要以上に眠い

「え?それってうつ病じゃないんじゃないの?」
と思われるかもしれません。
「え?それってただ単に怠けているだけじゃないの?」
そう思われるかもしれません。

でも、違うんです。
これも立派なうつ病のサインなんです。

うつ病発症前にやたらと元気いっぱいは危ない

私の場合がこれでした。

やたらと元気で、食欲も旺盛。

一緒に遊びに行く友達達からは「テンション高いね!」と言われていました。
仕事に、遊びに、睡眠時間を除いては常に全力投球。
マリオで言うところ「無敵」状態が続くのです。

「私は遊びも仕事も一生懸命。素晴らしい事!正に人生を謳歌しているね私!」
そう思っていました。

しかし、それは立派なうつ病のサインだったのです。

マリオの「無敵」状態が長くは続かないように、私の無敵状態も長くは続きませんでした。
そりゃそうです。
365日元気いっぱいな人なんて、そうそういません。
それに、私は「病気」が原因で、そのサインとして「やたらと元気」だったのですから、確実に病状は悪化して行きました。
数カ月で限界がやってきたのです。


当時の私は病気に気付かず、通院もせず、当然薬も飲んでいません。

そのうち
「なんとなく」しんどい。
「なんとなく」眠れない。
「なんとなく」パワーが出ない。
なんとなく、なんとなく…が続いていきました。

そして徐々に追い詰められていき、「死にたい」までなってしまったのです。
「なんとなく」が塵の様に心にも体にも蓄積されていき、最終的に「死んで楽になれるのでは」というところまでいってしまいました。

元気な病人、元気のない病人、両方いるんです

「病人」というと、痩せ細っていてがりがりで、顔は青白く、口癖は「死にたい」で、目はうつろとしていて、夜眠れず…という人ばかりだと思い込んでいませんか?

中には元気な病人も沢山います。
(うつ病に限った事ではありません)

食欲旺盛で、誰とでもフレンドリー、仕事を頑張って誰よりもボリュームをこなし、遊びに行くとハイテンションで一緒に居て楽しい…そんな病人もいるんです。

それが、私でした。

うつ病と診断されてからも、症状の悪い時は「死にたい」「死んだ方がまし」と言い、ちょっと症状が良くなると「遊びに行きたい!」「旅行に行きたい!」と家族を困らせました。


つまり、いつもの自分でない事を見逃すな!ということ

いつもと違う自分を見逃さない事。
それが一番簡単な病気のサインの見分け方です。

「なんとなく○○…」

そんなサインが出たら、普通の内科でかまいません。
直ぐに病院へ行ってみる事です。

「え?うつ病なのに内科でいいの」

いいんです。
内科のお医者さんが「これはうつ病だな」と思えば、お医者さんの方から「心療内科に行きなさい」「精神科へ紹介状を書いてあげましょう」と勧められます。

まずは病院に行ってみる事。
そこから、治療が始まります。

うつ病の体験談