うつ病 薬

うつ病体験ブログ-発症~克服まで

女27歳でうつ病と診断。休職・復職を繰り返し最終的には退職。病院のセカンドオピニオンからうつ病を完全に克服するまでを語ります。

お薬と上手に付き合いたい

うつ病と診断されると、病気なのですから、当然のようにお薬が処方されます。
 
うつ病の薬に抵抗感のある人もいると思います。
戸惑う方もいらっしゃるでしょう。
私も最初はそうでした。
 
うつ病の薬は脳に作用します。
脳に作用するので、恐ろしくもあり、逆に効果が期待出来るお薬でもあります。
 
貴方の症状に合わせて、お医者さんが処方してくれます。
 
くれぐれもお医者さんの注意を守って、処方通りに飲んで下さい。
 
ごくごく軽いうつ病の場合であっても、安定剤等が出されたりします。
 
私の場合は、この安定剤で失敗をしました。

安定剤を安易に飲み過ぎた私の失敗

私はレキソタンという安定剤を飲んでいました。
最初に処方されたのはそのお薬だけで、ちょっと抵抗はありましたが、そのお薬を飲むと劇的に不安感や焦燥感が薄れ、まるで病気が治ったかのような錯覚にさえ陥りました。
 
それ以降、私はちょっとイライラしても、ちょっと不安でも、レキソタンを服用するようになりました。
 
お医者様にも「副作用はありません。依存性もありません」と言われていたので、安心してどんどん飲んで行きました。又、当時かかっていたお医者様も
 
「不安なんです」
「レキソタンを増やしましょう」
「眠れないんです」
「レキソタンを増やしましょう」
「イライラするんです」
「レキソタンを増やしましょう」
 
そうして私はレキソタン中毒になっていき、いつでもぼりぼりと、まるでサプリメントを飲むようにレキソタンを飲むようになっていきました。
 
しかし、ある時家族が「あなたいつもその薬飲んでるけど大丈夫なの?」と疑問を投げかけてきたのです。私は「大丈夫」と答えましたが、流石に不安になり、インターネットでレキソタンを検索しました。
 
すると、「依存性があります。」という項目に出会ったのです。
依存性は無いと聞いていた私…かなりショックでした。
 
お医者様に「依存性はないんですよね?」と聞いても「ないですよ」の答え。
 
でも、ネットにはレキソタン中毒になり、苦しんだ人のブログがあったんです。
それを読んで今の自分とあまりにマッチングするので、危機感を覚えましたが、私がした行為は、その不安をかき消す為に更にレキソタンを飲むと言う行為でした。
 
その時、まとめて40錠くらいレキソタンを飲んだと思います。
そして自分でも「このままでは危ない」と思い、両親に「レキソタンまとめて飲んだ」と報告し、直ぐに両親と共にお医者様のところへ行ったのです。
 
すると、お医者様は両親の前では態度が違いました。
「依存性が少なからずあります。そんなに多量に飲むと危険ですよ」
えっ・・・?
「薬の飲み過ぎで病院に救急搬送されたくないでしょう?」
えっ・・・?
そんな事、今まで一言も言わなかったじゃない!
 
それから私の薬の管理は両親にされるようになりました。
 
一気にレキソタンが減ったショックで寝たきりになりました。
震えや、揺れ、レキソタンをくれと暴れた事もありました。
正に地獄絵図です。
 
引きこもりがちになり、まるで…いえ、本当に薬物中毒患者が起こすような後遺症に悩まされる日々が続きました。
 
徐々に症状は和らいで行きましたが、半年くらいはその状況が続きました。


薬を多用しないこと

上記の私の失敗談からも、薬は飲み過ぎない事。
そして、常にお医者さんの言葉に疑問を持つ事です。
 
個人で開業しているお医者様の中には、製薬会社からマージンをもらって薬を沢山処方しようとするお医者様も少なくありません。
 
今は薬の名前をインターネットで検索すると、薬の詳しい副作用や効果が簡単に調べられます。
 
きちんとした知識を自分自身で身につける事が大切です。
疑問を持ったら、お医者様に相談しましょう。



うつ病の体験談